2017年11月 5日 (日)

シップ、湿布、貼り薬、塗り薬の効果と使い方

肩こり、腰痛、膝の痛みに

湿布、貼り薬、塗り薬は「効きません!!」

こんなことをいう整形外科医は私ぐらいでしょうか?


日本では、整形外科医も含め、多くの医師が貼り薬、塗り薬を出します。
みなさん、あまり良く考えていない??


患者さんは、「今回は貼っても治らない」。から受診、が多い。


事実は

貼り薬や塗り薬には、腫れ(炎症)をとる成分は確かに入っている。
インドメタシンなど。

貼り薬は、皮膚にはとても高濃度に入る。筋肉にはそこそこ。
それより深くなると、ほとんど入らない!!。

深いところには「ジカに行きません」、が真実。あの広告は詐欺では。

腰、首、膝関節など、筋肉より深いところに問題がある場合は、効果がほとんどないんです。


  結論:筋肉より、深いところの問題には、飲み薬が必要なことが多い。


効いた気がするのは・・・腫れをとる成分以外の「刺激分」!


だから、腰痛や肩こりが、貼り薬や塗り薬でなおる場合は、軽症で、何もしなくてもよい。


貼り薬や塗り薬が、本当に効くのは浅いところの問題のみ・・・

たとえば、肋骨骨折、単なる打撲(筋肉)、肉離れ(筋断裂)、手首や足首の軽い腱鞘炎ぐらい。


もうひとつの問題は、自分が痛いと感じるところと、原因部位が違うことが多い。
そうすると、文字通り、単なる気休めに過ぎません。

最近、ロコアテープなど、高濃度に薬剤が体内に入る貼り薬が販売されています。
これは、飲み薬と同様に、胃腸障害の副作用の可能性があります。
敢えて、貼り薬を使うメリットは無いように私は思います。

|

急に起こる関節炎の代表、痛風

急に関節炎発作を起こされる方がいます。
関節は赤く腫れ、熱を持ち、手であれば、動かせないし、足なら歩くことが困難になります。
痛風です。
診察室へ
入る状態を見ていれば、かなりわかります。

男性が多く、発作を繰り返しても、その時だけ、注射や飲み薬でしのぐ方もあります。
二度と発作がいやだという方には、薬を選び、血液中の尿酸値をコントロールしていきます。

注意が必要なのは、尿酸が血液検査での正常値の範囲であっても、痛風発作がおきることがあります。
発作を起こさないためには、私は4.5以下にすることをお勧めしています。
 
 寒い日や、少し活動した時に、発作が起こりやすいようです。
 
 痛風に2つの型があり、尿酸の排泄がうまくいかない場合(排泄低下型)と、尿酸をたくさん体内で作りすぎている(酸性過剰型)場合とあります。その区別を検査でしてから、合った薬を処方します。

尿が酸性だと、尿酸が尿に溶けにくく、体外に排泄されにくくなるので、尿をアルカリ化する薬を使うこともあります。

また、発作が起こりそうだと感じた時、発作を止める薬もあります。

 ところで、痛風の方で、中性脂肪が高い方がよくあります。
 お酒を飲むと、中性脂肪があがります。
 生活上の注意を指導しても、なかなか中性脂肪が下がらない方もいます。

中性脂肪を下げるために、このサイトが参考になります。

|

2013年4月 3日 (水)

テニス肘(上腕骨外上顆炎)の治療法としてのPRP

テニス肘(上腕骨外上顆炎)の治療法として、PRP(Platelet-Rich Plasma)が最近話題になっています。
PRPとは多血小板血漿のことです。
PRPは血小板を濃縮したもので、新しい組織や細胞の成長を促す栄養が豊富に含まれています。

慢性化した患部を急性の状態に戻すことにより、自己治癒力を再活性化する方法です。

治療ではまず、患者本人から採血し、遠心分離機でPRPを作成します。
次に、患部にPRPを注射します。
この濃縮血小板の注射により、治癒(修復)過程が停滞した患部をに炎症を起こさせます。
炎症は、新たな治癒過程を起こさせます。
炎症が起きた後は、栄養を豊富に含んだPRPが再生を促します。
血小板はもともと体内にある成分ですが、高濃度の血小板を注射することで、治癒を加速することが期待できます。

米食品医薬品局(FDA)は、慢性アキレス腱炎、足底腱膜炎、テニス肘(上腕骨外上顆炎)などへのPRP療法を認めています。

手術のように、患部を切除してしまうよりは、文化的方法と言えます。

しかし、この方法の限界は、テニス肘、上腕骨外上顆炎について、外上顆だけが疾患、痛みの原因と考えていることです。

テニス肘、上腕骨外上顆炎と診断されても、痛みの原因が「外上顆以外にもある」ことが多々あります。

テニス肘、上腕骨外上顆炎では、総合的に痛みの原因部位を探して治療しないと、痛みが残ってしまいます。

参考:https://nkte.katohseikei.com

|

2013年1月28日 (月)

首の椎間板ヘルニア 頚椎椎間板ヘルニアについて

首が痛い、首を動かすと痛い
肩こりのようにこる、張る
肩にしびれが走る
腕から、肘、手先にしびれ、痛みが走る
寝返りが痛くて目が覚める
肩や、腕が痛くて目が覚める


首の椎間板ヘルニア 頚椎椎間板ヘルニアについて

痛みが治らないのではないか?
痛みがだんだん酷くなるのではないか?
動けなくなるのではないか?
手術をしなければいけないのではないか?

いろいろな不安や心配が考えられます。

そんな方に


頸椎椎間板ヘルニアの手術以外の治療法について
http://nh.katohseikei.com

|

2010年3月16日 (火)

肩こりをなおす。そして再び起こさないために

肩こりの「肩」は、実は「肩ではない」ということを、あなたは知っていますか?
それを知ることが、肩こり解消の第1歩なのです。

肩こりの原因は、首にある。
肩こりは、首の椎間板ヘルニアに関係するかもしれない。
あなたは、このことを知っていますか?

肩こりや寝違いは、甘く見ない方がよい。
私は、整形外科専門医の立場から、そう思います。

一方、多くの人は、肩こりは、病気と考えていないので、病院や診療所に行きません。
また、実は、医師の側でも簡単に考えて、あまり真剣に原因や対応を考えてはいません。
多くの整形外科医も、肩こりは「肩のまわりの筋肉の疲労」が原因と単純に考えているようです。
私は、それが大きな問題ではないかと思います。

~さようなら!長引く肩こり!肩こりから自由になろう~
肩こりをなおす。そして再び起こさないために必要な7つの真実とは? 

https://ss.katohseikei.com

|

2009年6月19日 (金)

むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治す

むちうち症は、治療法を誤ると、時に非常に不幸な状態に陥ることがあります。

痛みが取れない、仕事ができない、生活ができない・・・。

痛みが取れないまま、漫然とした,気持ちは良くなるものの、そのときだけよくなる、漫然とした治療(?)の依存症になってしまう・・・

私は、むちうち症が治りにくい原因を理解しています。
不幸になる原因も知っています。
同時に、今一般に多く行われている、むちうち症治療の現状に強い疑問を持っています。

一人でもむちうち症で不幸になる人を減らしたい。

それが私の思いです。

https://wi.katohseikei.com

|

2008年2月17日 (日)

肘の痛みの代表、テニス肘

中高年の肘の痛みといえば

上腕骨外上顆炎、テニス肘が多い。

治りにくい面があるので、難物です。

肘の使い方の基本を知ることが治療のポイントになります。

私の診療も、開業以来、少しずつ進歩してきました

それを今回、まとめてみました。

https://tenniselbow.katohseikei.com

悩んでいる方には、お勧めです!

|

ヘルニアでしょうか? 腰椎椎間板ヘルニア

腰痛の方に

あなたが 椎間板をこわして 

椎間板に腫れ(炎症)が起きて 痛いのです。

と説明することが多くあります。

時に「それはヘルニアでしょうか」と聞かれます。

多くの方が、「ヘルニア」が心配です。

ヘルニアは脱出という意味。

脱出する、飛び出るものは
椎間板、内臓、脳、いろいろあります。

問題を起こさない、痛みを起こさないヘルニアもたくさんあります。

ヘルニアという言葉にこだわらない、気にしない方がよいと思います。

プロが心配な症状は
痛みではなく、
動きの麻痺、力が入らなくなることなのです。
麻痺を起こしている、起こしてくるヘルニアは問題にします。

まあ、痛みが切実なことはわかりますが。
痛みをとる技術は、医師により千差万別。

|

2008年2月16日 (土)

足のうらに、貼ったようなしびれ モートン病

足の裏の、ゆびの付け根あたりに
何かぺたっと貼ったような違和感。

実は、そこの感覚が鈍いのです。

つまり、神経の不調がある。

これはモートン病のことが多いのです。

趾間神経腫といいます。
甲の骨の間で神経が圧迫されて起こります。

原因は100%靴です。

靴による足の圧迫。
なぜ?前はよかったのに。

年とともに、足にゆるみが来て、
昔合っていた靴でも小さくなることがあります。

原因の靴は思い切って捨てましょう。

ピッタリした靴、は余裕がなくて、小さすぎる靴であることが多いのです。

|

歯磨きと指のしびれ

指のしびれで来院。

診断は
右人差し指の親指側に圧迫による神経炎。

何で圧迫したのでしょう?何か持ちましたか?

・・・?

そういえば

毎日、歯ブラシで20分の歯磨き。

これが圧迫の原因。

何事も「力が入りすぎる」と、身体をこわします。

リラックス!

|

«水中エクササイズの罠(わな)